やまぐち矯正歯科
〒477-0031
愛知県東海市大田町蟹田36
名鉄太田川駅 徒歩2分
TEL 0562-33-1187

医療費控除

医療費控除とは

医療費控除本人が自己や家族のために医療費を支払った場合、家族の医療費を年間に合計10万円以上支払った場合には、医療費控除(所得税控除)を受けることができます。

医療費控除とは所得金額から一定の金額を差し引くもので、控除を受けた金額に応じて所得税が軽減または還付されます。

当院の矯正歯科治療も医療費控除の対象になりますので、当院で発行したレシート(領収書)は大切に保管しておいてください。
(大人の方の場合、申告時に税務署から説明を求められたり、診断書が必要になる場合がありますので診断書の必要な方は受付までお申し出ください)。 申告し忘れても5年前までのものは控除を受けることができます。

対象となる医療費

  • その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費(病院での治療費)
  • 医療費控除となる金額

    となる金額 まず、その年に支払った医療費から保険金等で補てんされる金額を差し引きます。
    そこからさらに10万円を差し引いた金額が、医療費控除の金額です。
    ただし所得金額が200万円未満の人は、10万円でなく、所得金額の5%を差し引きます。なお医療費控除には、最高限度額が定められており、200万円を超える医療費控除はできません。
    医療費控除の対象となる金額から最終的な還付金額が算出されます。

  • 通院費

    診察券などで通院した日とかかった通院費を記録しておくようにしてください。
    通院費として認められるのは交通機関を利用したときで、自家用車での通院は対象にはなりません。

対象とならないもの

  • 歯ブラシや歯みがき剤の購入費
  • 健康診断の費用
  • ビタミン剤などの健康薬品
  • 美容整形の費用

注意事項

  • 会社員の方は会社で年末調整をされていますが、医療費控除は税務署に自己申告をしないと還付されません。
  • 当医院で発行したレシート(領収書)は再発行ができませんので、大切に保管しておいてください。
  • 申告期間は3月15日までです。詳しくはお近くの税務署にお問い合わせください。
このページの先頭へ