小児矯正

成長に合わせた的確な矯正治療

子供の特性は、①成長発育があること②歯牙の交換(乳歯から永久歯)が順次行われていることがあるが、この時期は成長発育のコントロールと不正咬合の予防・抑制に主眼をおくべきです。

一人の患者さまの成長過程を長い期間で診るため、顎のずれの修正や歯列の拡大・習癖の改善など、ポイントを押さえた治療、極力負担を抑えた治療を行う必要があります。

小学校の歯科検診に行くと必ず矯正装置をはめている子供が何人か見かけられます。特に小学生の低学年から全歯牙(乳歯含む)にブランケットを装着しているのが目に付きます。

何のために今ブラケットをつけているのか治療の意図が読めないケースもしばし見られます。

小学生はただでさえ歯磨きがしっかり出来いないため、それが虫歯や歯肉炎を促進することにも繋がりかねません。

咬合の確率のために最終的な治療開始時期は顎の成長発育がほぼ終了に近づく高校生のころにお子さまご本人の意思を確認したうえで、全体の歯並びをきれいに整えるために全歯牙のブラケットを使用した治療を進めていくことが安全です。

患者さまとのコミュニケーションを大切にして、長期的な視野に立った治療計画をご提供しています。

後悔しない治療のために

お子さまの矯正はほとんどのケースではご両親の意向で来院されますが、ご本人の気持ちも大切にしながら、一生を考えた悔いの残らない治療を行うよう心がけています。当院では過去に治療させていただいた例では歯並びが悪いことがコンプレックスとなって、常に気分が暗く落ち込みがちで、全く人と話せなっかた当時小学生のお子さまが、矯正治療を受けて綺麗な歯並びを手に入れたことで見違えるように明るくなったケースがありました。

そのような結果を願いながら日々治療に取り組んで降りますが、やはり親御さんだけが治療に積極的で、お子さま本人は気乗りしていない場合も見られます。

確かにあごのずれの修正など、早い時期に行った方が効果が高い措置もありますが、まずはご本人が治療の内容と必要性を理解して、心から納得することが大切です。治療に際しては、矯正治療とはどういうものか、どのような治療をどの時期に行えばもっとも効果的なのかを丁寧にご説明するように心がけています。

歯並びを悪くする口腔習癖

口から喉までの部分に対して無意識にくり返し行う癖を口腔習癖と呼びます。歯並びに関わるお子さんの口腔習癖には次のようなものがあり、長期にわたって行っていると歯並びや顎の成長に影響を与えて不正咬合(歯並びや噛み合わせが悪い状態)に繋がる可能性があります。矯正治療においては、骨格や筋力、口唇の閉鎖能力の強さなども総合的に判断しながら、子供の頃に防げる習癖はできるだけ防ぎ、全身のバランスを整えていくことが必要になります。

睡眠態癖(寝ている時の姿勢)

重力が働くため、特に影響力が大きい癖です。成長時期にうつぶせ寝や横向き寝が習慣になってしまうと、顎の変形に繋がります。整った歯並びのためには仰向け寝が理想的です。

頬杖

手の平をあごに置いて頭を支えるという動作です。下あごの変形だけでなく関節にも影響が出てくることがあり、顔の歪みにも繋がります。

指しゃぶり

乳幼児期によく見られる癖です。指しゃぶりをしている期間や指の位置、頻度によっては、上顎前突(出っ歯)や、開咬(上下の前歯が咬み合わず開いたままになる状態)などの不正咬合を生じさせます。

リップバイティング(下唇を噛む癖)

他のものよりは比較的発生が少ない癖ではありますが、上顎前突で矯正治療をされる患者さまにはこの下唇を噛む癖が多く見られます。

弄舌癖

無意識のうちに舌をもてあそぶようなことをする癖で、上下の歯の間に舌を差し込んだり、歯の裏側を押したりするような習慣を指します。上顎前突や開咬の原因となる可能性があります。

口呼吸

子供の頃から口呼吸をする癖がついてしまうと、口周りの筋肉が発達せず、上あごの発育が悪くなって不正咬合を招いたりと、様々な影響を引き起こす原因となります。舌や口の周りの筋肉を正しく使えるようにトレーニングすることで、鼻呼吸に切り替えられるようになります。

矯正歯科に関するご相談はお気軽にお問い合わせください

矯正歯科に関するご相談は
お気軽にお問い合わせください